sakuraさん家の家庭の事情☆

懸賞・小説レビュー・主婦日記を主に書いてます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アウトドア&スポーツ ナチュラム

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハウステンボス1

ハウステンボスに1泊だったのですが、帰ってきてから
もう疲れて疲れて・・・。眠くて眠くて・・・。
でも、楽しかったです

行きは台風が去ったばかりだったので、雨が降ってたけど
着いたら晴れてて、傘いらずでした~
着いてすぐに、なんと安住アナと遭遇したんです
前川清親子との撮影みたいで、びっくりでしたよ

でも、撮影をずっと見てるのもなんだしってことで
トコトコ歩いてたら、安住アナが自転車で通りすぎて行ったんです
もう1mくらい近くで見れて、主人と二人で手を振ったら
いい笑顔で、「こんにちは~」って答えてくれましたよ
その後に前川清親子も、自転車で通ったら、めちゃいい匂い~

その後とくについていくことなく、体験型のアトラクションへ
編集_P1010335

ハウステンボスは、ワンピースとのコラボが多いんですよね
主人が「海賊王になる!」っていつも言ってるので・・・。

乗り物に乗って、ワンピースの仲間になって敵を倒すようなアトラクション
途中なぜか止まってしまって、トラブルがあったけど
カードをもらいましたよ
夜にももう1度乗ったけど、夜は人がいなくて怖いアトラクションでした


これは、乗る前に写真をとって映画に出演できるっていうアトラクション
編集_P1010334

写真とったんだけど、はっきり言って自分がどれだかわからない
ほくろの位置で、あ!これ自分かな?っていう程度でした
後で自分の顔を見れるところがあるんだけど、え?これ?っていう感じです

久々行ったけど、平日は観光客が少ない
中国の方が多い感じでしたよ

お昼は展望台がある塔の2階で食事をしましたよ
編集_P1010354

主人がバイキングがいいって言うんで・・・。
ワンピースの麦わらのカレーとか、パエリアが食べたかったのにー

中に入ると1組しかいなくて、ひとり1,800円ではちょっと高いなって思うメニューでした
お寿司とか色々あったんだけど、写真撮るの忘れてたしーって
モグモグ食べてたら、団体が入ってきたんですよ

モデルさんみたいな人がいるな~って思ってたら
なんと 佐藤かよさんでした
ものすごく背が高くて、足が長い 細くてキレイな方でした

それでも、ずっと見てると悪いので、どこへ行く?とか
パンフレットを広げながら、モグモグ食べていたら
「お前の好きな人がきたぞ! 我が家のハゲた人」って主人が言うので
見たら、今度は坪倉さんでした

うわーっと、横を見るとひとりで座って食べてました
席は隣じゃないんだけど、客がいないのでまっぽし見える
バイキングだけど、なぜか坪倉さん私たちの席の横を通って
お皿片付けていくので、ちょっとドキドキしましたよ

今日はなんだんだっていうくらい、芸能人見ちゃいました
九州だとそうそう芸能人に会えないですもん

ご飯も食べたし、この塔の展望台へ行こうと曲がったら
なんとそこに、さっきの坪倉さんがいたんですよ
とっさに、目があったので「握手してください」って言ってました
すぐに、いいですよって握手してもらいましたよ

恥ずかしくて顔が見れないので、金の時計がピカピカしてました
で、また勝手に口が動いて、「写真もいいですか?」って言ってた
あ、いいですよ!ってすぐに了承してくれて、スタッフの方が
カメラを押してくれて、主人と3人撮ってもらいました~

恥ずかしくて、坪倉さんの隣が主人に座ってもらいました
歩くとき、背筋をピーンとしてて、テレビよりイケメンさんでした
ハウステンボスの放送は、月曜日みたいです


旅行へ行く前に、このスーツケースが届いてました
編集_P1010324
使うのに勇気がいりそうだと思ってたけど、主人は喜んで
コロコロ転がしがしながら、ハウステンボスへ行きましたよ

旅行の続きは、また明日~

 


| 日記 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kurgmk.blog71.fc2.com/tb.php/1863-7a880bab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。